Ide_Dr のすべての投稿

乳幼児の喘鳴のタイプは4種類に分けられる

赤ちゃんは気管支が元々狭く、風邪をひいても喘息のようにゼェゼェすることがあります。また、乳幼児は肺機能検査ができないので、喘息の診断は難しくなっています。今回はそんな乳幼児期のゼェゼェ(喘鳴)を認める期間でグループ分けをした報告です。

東京のとある病院で2003〜2005年に産まれた赤ちゃんを13歳まで調査した報告です。9歳まで毎年、喘鳴についてのアンケートをとった結果、1116人の赤ちゃんの9歳までに認めた喘鳴は4つのタイプに分類できるとのことです。(下図はクリックすると拡大します。)

①は喘鳴を認めなかったグループで43.7%いました。逆に言うと、56%の赤ちゃんは9歳までに喘鳴を認めます。

その経過は4グループにわけることができ、9歳時点でも喘鳴を認めるのは9.2%であったとのことです。しかし、赤ちゃんがゼェゼェしている時点では赤ちゃんの時期だけなのか、ずーと続くのかの判断は困難です。両親に喘息の方がいたり、その赤ちゃんがアトピー性皮膚炎であったり、血液検査でアレルギー細胞が多い・ダニが陽性などがあれば治療を長くしないといけないかなとは思いますが、それも100%ではないので・・・今の治療が本当に必要かということを受診していただく度に考えないといけないです。

(pediatr Allergy Immunol. 2018;29:606-611.)

 

妊婦さんの喘息状況が産まれてきた子供の喘息発症に与える影響

妊婦さんを対象に、①症状のみで薬剤を調整する方法と、②症状と検査結果(吐いた息の中で喘息で増える成分を測定)から薬剤を調整する方法のどちらが優れているかの臨床試験が2011年に実施されました。結果は②の方法で薬剤を調整したほうが喘息発作が少なくできました。

今回はその後の報告です。その妊婦さんから産まれてきた子供の喘鳴や喘息の発症を調べた臨床試験が発表されました。

緑の棒グラフで表された、②の方法で治療した妊婦さんから産まれてきた子供達が喘息の症状や喘息の発症が少ない結果となりました。つまり、喘息発作の少なかった妊婦さんから出生した子供のほうが喘息の発症や喘鳴が少なかったいう考え方ができます。

妊娠すると、赤ちゃんへの薬の影響を心配し、治療が中断してしまうことがあります。現在は、妊婦さんが喘息発作を起こした際の悪影響が胎児に大きいことから、きちんと治療をすることが推奨されていますが、喘息の発症にまで影響する可能性があることが示唆されました。

JACI. 2018;142(6):1765-17

いでクリ内部紹介 〜待合室・診察室編〜

幸いご健康で来院する機会のない方やこれから来ていただける方に、いでクリの中を紹介させていただきます。

まずは外観です。木の素材を基調としたデザインです。夜は下から上向きに外壁をライトアップしております。もちろん、“いでクリせんせい”のロゴもキマっています。

では玄関から中へどうぞ

玄関を抜けると受付カウンターがあります。ここに私が開業をしたいと思い立ったときからの一番の構想があります。それは受付カウンターから右に行くとお子さんの待合室、左に行くと成人の待合室と年齢別の待合室を設けることです。受付カウンター周囲の設備について説明します。受付カウンター横の掲示板です。現在のところ、クリニックに掲示義務のあるものを中心に貼付してます。実はこの掲示板の下には鉄板を貼っています。掲示物の素材はマグネット板なので、強力に張り付き、剥がしても跡が残りません。掲示板の向かい側に自動販売機と給茶機があります。給茶機は現在はお茶、麦茶、スポーツドリンク、アップルジュースの4種類です。お子さんにはアップルジュースが人気です。私もよく飲みます。自動販売機はできるだけワンコインで購入できるようにさせていただきました。院内はWi-Fi環境となっています。待ち時間にスマホやPCでの作業にご利用ください。小児待合室(=いでクリキッズ)はもうひと踏ん張りしました。お子さんにとって病院は怖いところです。その不安や恐怖を少しでも和らげることができればと、廊下にはグラフィックを施しました。小さいお子さんや赤ちゃんをお連れのママも病院に行くと大変なことは私も子供を持つ身として感じておりました。少しでも緩和できればと、おむつ台、授乳室、キッズスペース(床暖)、疾患関連の本を準備しています。また、小児の待合室の入り口には自動ドアを、受付カウンターの上部にはアクリル板を設置し、音への気遣いの必要がないように考えました。このアクリル板を受付カウンターにあわせて湾曲させるのに難渋したと聞きました。関東の大きな水槽を制作する企業にお願いしたそうです。

いでクリキッズの診察室は信号と同じ3色の配色です。3部屋の使い方に若干使いがあります。Aの赤のお部屋は耳鼻科用の機械があり、鼻の処置が必要なお子さんに使用します。ここ最近、予想外にこの機械がフル回転しています。Cの緑のお部屋は少し広くなっており、感染症用としても使用できるようにしております。Bの黄色のお部屋はオーソドックスな診察室です。この3つの診察室の壁のグラフィックは鉄板で作製されていますので、マグネット遊びができます。 成人の待合室はいでクリキッズとは全く違い、シックな雰囲気となっていると思います。カウンター席を作りました。コンセントも設置しましたので、パソコンでの作業もできます。足元には日本庭園をイメージした中庭があります。疲れたときはホッと一息されてください。今後も少しでも過ごしやすい環境を求めて参りたいと思います。

アナフィラキシー

アナフィラキシーという言葉はお聞きになったことがあるかと思います。重症のアレルギー反応のことです。医療従事者のガイドライン(手引書)では「アレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」とあります。

アレルギーの原因となる食品なり物質が体内に入る(食べる、刺される、投薬される)と、アレルギー症状が起きますが、その症状が2つ以上起きることです。そして、急速に進行する状況です。

アレルギー症状には起きやすさがあります。皮膚の症状、つまり蕁麻疹が最も起きやすい症状です。90%の確率で蕁麻疹を認めます。

ですから、アレルギーの人が具合が悪くなっているときにアナフィラキシーを起こしているかどうかは、まずは皮膚を診ます。赤くてかゆみがあれば、それはアレルギー症状ですから、もう一つ症状があれば、アナフィラキシーです。逆に皮膚の症状がないとアナフィラキシーの判断は難しいです。お子さんは自分の症状を表現することは難しいので、「はい、いいえ」で答えられる質問をしましょう。「お腹は痛くない?」「苦しくない?」など、具体的に症状を聞くようにしてください。

小学生では食物アレルギーは4.5%、アナフィラキシーを経験したことがあるのは0.6%です。食物アレルギーによるアナフィラキシーで死に至る確率は10万人あたり1.35〜2.71人です。少ないのですが、0ではありません。起こってしまった方にとっては100%です。

国内のある年はアナフィラキシーショックで77名が亡くなり、原因の内訳としては医薬品が48%、ハチ刺傷が31%、食物アレルギーが2.6%と医薬品とハチ刺傷が多くを占めています。ただ、毎年のように食物が原因のアナフィラキシーで亡くなられる方が数名いらっしゃいます。

では、どのような症状が危険なのでしょうか。

 

危険な状態は窒息とショック(血圧低下)です。上の円グラフのように死亡原因の9割近くを占めます。逆にいうと、この2つの症状の初期段階を見逃さずに対処しなければなりません。蕁麻疹が出て、「咳が続く、声が変わった、ぐったりしている」とそれはアナフィラキシーの危険なサインです。そして、命にかかわる反応は急速に進行するので急いで治療しなければなりません。原因物質によって致命的な状況になる時間は異なります。しかし、食物でも30分しかありません。

緊急で治療が必要なのです。治療は?→“エピペン”という自己注射薬です。そう、ご自身または周囲の方が打つことを想定しています。アナフィラキシーから救命できる唯一の薬剤です。

使い方に関しては販売メーカーのホームページに動画があります。https://www.epipen.jp/top.html

打つタイミングなどの詳しい内容は環境再生保全機構のeラーニングの食物アレルギーの項目にあります。登録が必要ですが、ミニドラマで具体的な状況を見ながら学習できます。https://erca.r-cms.jp/#for-user

さぁ、治療して、アナフィラキシーの症状が改善して一見落着・・・とはいきません。1〜2割の方で数時間後に再度アナフィラキシー症状が再燃することがあります。アナフィラキシーを起こし、改善しても油断は禁物です。

アナフィラキシーの対応は座学だけでなく、実技も重要と思います。“いでクリ”では今後エピペン講習を開催していきたいと思います。県南地域でご希望の教育機関・保育施設がありましたら、お声掛けいただきますようお願いします。