乳幼児の喘鳴のタイプは4種類に分けられる

赤ちゃんは気管支が元々狭く、風邪をひいても喘息のようにゼェゼェすることがあります。また、乳幼児は肺機能検査ができないので、喘息の診断は難しくなっています。今回はそんな乳幼児期のゼェゼェ(喘鳴)を認める期間でグループ分けをした報告です。

東京のとある病院で2003〜2005年に産まれた赤ちゃんを13歳まで調査した報告です。9歳まで毎年、喘鳴についてのアンケートをとった結果、1116人の赤ちゃんの9歳までに認めた喘鳴は4つのタイプに分類できるとのことです。(下図はクリックすると拡大します。)

①は喘鳴を認めなかったグループで43.7%いました。逆に言うと、56%の赤ちゃんは9歳までに喘鳴を認めます。

その経過は4グループにわけることができ、9歳時点でも喘鳴を認めるのは9.2%であったとのことです。しかし、赤ちゃんがゼェゼェしている時点では赤ちゃんの時期だけなのか、ずーと続くのかの判断は困難です。両親に喘息の方がいたり、その赤ちゃんがアトピー性皮膚炎であったり、血液検査でアレルギー細胞が多い・ダニが陽性などがあれば治療を長くしないといけないかなとは思いますが、それも100%ではないので・・・今の治療が本当に必要かということを受診していただく度に考えないといけないです。

(pediatr Allergy Immunol. 2018;29:606-611.)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です