保育士さんの質問に答える その5

「きょうだい児がアレルギーだとアレルギーの確率は上がるのか?」

喘息からいきましょう。2歳未満では喘息の診断は非常に難しいです。それは身体が小さい分、気管支の内腔が狭いのでちょっとしたことで、空気の出入りがしにくくなり、喘息のときのヒューヒューが聴こえます(たとえば鼻汁でも)。多くの報告で、乳児のときにゼェゼェを繰り返していても、年長児に喘息と診断されるのはそのうちの15〜30%と言われています。しかし、実際には今、目の前の乳児が喘息なのかどうかを知りたいので、それを予測するための項目があります。(小さい項目は省略)

必須条件は年に4回以上ゼェゼェするという前提で

親の喘息 または ・アトピー性皮膚炎がある

いずれかを満たすとその乳児は喘息の可能性が高いことになります。喘息患者さんには家族がアレル ギー疾患であることが多く、そうだと喘息を発症するリスクが高くなります。

しかし、みんながみんな、喘息にならないことからもわかりますように、決して遺伝的な要因だけで喘息になるわけではありません。環境の影響もあると言われています。

アトピー性皮膚炎に関しての報告では・・・

双子を6996組集めるとその中でアトピー性皮膚炎は4.3%でした。双子がふたりともアトピー性皮膚炎であったのは一卵性双生児では15.4%、二卵性では4.5%と一卵性が上回っていたことから、遺伝の影響はあることがわかります。しかし、それほど高い割合でもないので、遺伝だけではなく、環境などの他の要因もあると言われています。

食物アレルギーでも同様の報告が多いです。兄弟に食物アレルギーの子がいる場合、そうでない場合より2.6倍食物アレルギーを発症しやすいなど。しかし、他にも要因はあり、そのうちの1つであるアトピー性皮膚炎は最近有名なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この質問に対する答えは“イエス”です。ただ、それはあくまで目の前の子がアレルギー疾患になりやすい要因を1つ持っているのであって、アレルギー疾患を必ず発症するわけではありません。

今回は画像がなく、字ばかりで見にくくなり、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です