食物アレルギーといじめ

アメリカのアレルギー学会の講演の勉強から得たことです。海外の報告ですが・・・

・食物アレルギーの子の24%でいじれられたことがあると質問への返答があり、その86%は学校で起こった。

・いじめられた内容の57%が身体的なハラスメントで、例えば、アレルギーの食材を使って、身体に触れてくるなど。

・イタリアでは健常児より食物アレルギーの児は1.89倍、いじめに遭いやすい。

・学校の先生の99%がいじめの回数を過小評価している。

・いじめに遭ったことがある食物アレルギーの児の両親のうち、そのことを知っていたのは50%だけであった。

この報告が現実をどれだけ正しく把握しているかという疑問はありますが、このようなことがあることも事実なのだと思います。アレルギーではない児や周囲の方にも理解を得てもらうにはどうしたらいいでしょうか。この報告では両親の行動について記載がありました。

・いじめのことを知った両親の65%は行動した

49%が校長先生と協議した

47%が先生と協議した

14%がいじめている児およびその両親と会った

・親の行動は行動しない場合の2.1倍、いじめを中止することができた。

・単に両親がいじめのことを知っているだけでは、いじめの解決と関連しなかった。

これはあくまでこの海外の報告を掲載しただけです。文化や考え方が違う日本では、私達が個々のケースに対して考えないといけないのだと思います。

安全性ばかりを追求して、子どもの社会への配慮を忘れてはいけないのだと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です