アレルギーの種類による皮膚テストの違い

アレルギーの皮膚テストには

①プリックテスト ②パッチテスト

の2種類があり、違うアレルギー反応を検査しています。

①プリックテスト

抗体を介したアレルギーに対する検査です。一般的には原因物質との接触から1時間前後に症状が出現します。疾患で言うと食物アレルギー、アレルギー性鼻炎が主になります。皮膚症状でいうとアレルギーが原因の蕁麻疹です。蕁麻疹は24時間で改善するのが目安です。

食材から抽出した(作成した)市販のアレルゲンエキスを垂らした上から、または食材そのものに刺しておいた針で、前腕をチクッと刺します。15分後に、刺した場所の皮膚の膨らみ(膨疹)の大きさを測定し、判定します。3mm以上は陽性です。下記が当科での陽性例です。この例では膨疹が7mmでした。

抗体を測定する血液検査よりも早く結果がわかり(検査15分後)、患者さんの支払う医療費は安く済みます。また、乳児では実際にアレルギーでも抗体がまだ上昇していない例もありますが、プリックテストは陽性になることがあります。血液検査では検査項目にない食品でも、プリックテストなら、直接食材を利用することもできます。

②パッチテスト

抗体を介さない、免疫細胞が主役のアレルギー反応に対する検査です。一般的には原因物質との接触から12〜24時間以降に症状が出現します。皮膚症状で言うと、いわゆる“かぶれ”(接触性皮膚炎)の原因物質を推測するための検査です。金属アレルギーや薬剤が原因の皮疹の検査にもなります。

小さなコイン大のお皿に市販のエキスや疑われる物質をのせます。そして、上背部にそのままペタッと貼り付け、48時間後に剥がします。そして48時間後、72時間後、時に1週間後に“かぶれ”ていないか判定します。(下の写真は”アレルギー検査と免疫療法の実際”より)

もちろん、どちらの皮膚検査も陽性=アレルギーではありません。陽性結果、陰性結果は目安です。エピソード、血液検査、負荷試験など総合的に判断します。

アレルギーの種類によって検査を選ばないといけません。治療薬もこの2つのアレルギーでは違います。主な治療薬はプリックテストで検査する蕁麻疹は抗ヒスタミン薬の内服、パッチテストで検査するかぶれはステロイド軟膏です。時々、蕁麻疹に対してステロイド軟膏を塗っておられる方がおられますので、ご注意を。

ちなみに当アレルギー外来ではまだパッチテストの準備ができておりません。金属アレルギーの検査のお問い合わせがありますが、申し訳ありません。

独り言:薬剤のプリックテストは大変です。薬剤のアナフィラキシーは重篤になる可能性があるので100万倍近くに薄めた濃度から開始し、陰性だったら10倍の濃度に上げて、実際に投与する濃度まであげていきます。抗菌薬のプリックテストをしたときに準備した薬剤です。これを1つずつ検査していきました。すべて陰性でしたので2時間かかりました(TдT) でも患者さんにとっては陰性でよかったです\(^o^)/

ちなみに薬剤によるアナフィラキシーはプリックテスト、薬剤による皮疹(薬疹)はパッチテストですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です