アトピー性皮膚炎でも汗を味方にしよう\(^o^)/

少しずつ暑くなり、汗をかく季節になりました。アトピー性皮膚炎の患者さんでは汗による症状悪化を認めることが多くあります。私は恥ずかしながら、アトピー性皮膚炎にとって汗は悪者と思ってました。

アトピー性皮膚炎の悪化因子は患者の年齢で異なります

小児期:食物抗原や乾燥、掻破などが主体

青年~成人期:ストレスや物理化学的刺激など

汗はすべての年齢層における悪化因子です。ただ、アトピー性皮膚炎のガイドラインでは汗による悪化には言及がありますが、発汗は皮膚のいい状態を保つために必要で、適度な運動や入浴で発汗を促す重要性に触れています。また、アトピー性皮膚炎の方では発汗の能力が低下しているとも記載があります。決して、汗をかかないようにすることは推奨されていません。

汗には皮膚のいい状態を保つための働きがあります。①発汗による体温調節 ②汗には天然の保湿成分が含まれる ③細菌を攻撃する物質が含まれ、感染を予防する ④アレルギー物質(ダニ・花粉など)の炎症誘導の作用を減弱する

しかも、この汗がアトピー性皮膚炎の方では少ない傾向がある。

では、なぜ汗をかくと痒くなるのか・・・

この汗の良い機能は時間とともに失われる、また汗に溶け込んだ汚れやアレルギー成分は汗が蒸発したあとも皮膚に残り、湿疹を悪化させます。特に肘・膝に汚れが溜まりやすく、同部位の湿疹が悪化しやすいのです。

汗をかいた後の管理が重要で、余分な汗は流水で洗い流す、またはおしぼりで拭くといった処置が大切です。拭くのはゴシゴシ皮膚をこするのではなく、押すように拭いてください。

アトピー性皮膚炎の方は発汗量が多くても角層の水分の量が増えにくいことが分かっています。これはアトピー性皮膚炎の角層は水分を保持する能力が低下していると推察されます。ですから、アトピー性皮膚炎の方は汗をかいても、保湿剤の塗布を継続するようにしてください。

嵐による喘息発作の流行

アレルギー性鼻炎が喘息に悪影響を及ぼすことは以前触れました。アレルギー性鼻炎のスライドだったと思います。それは鼻炎の影響や、鼻閉による口呼吸でPM2.5などが直接肺に入ってくる影響でした。花粉そのものは肺の中には通常入りにくいのです。それは大きさです。肺の奥に入るためには5μmより小さくないといけません。花粉はスギ花粉で30μmあるのです。しかし、今回、花粉が直接肺に入り、重症の喘息発作を流行させた報告があります。

嵐の影響で、花粉が壊れ、中の小さなアレルギー物質が放出され雨とともに降り注ぐのです。8500人以上の花粉症のある人が喘息発作を起こしたのです。しかも9人が亡くなっています。

嵐が来て雨が降り始めて最初の30分間が多くの花粉成分が降り注ぐそうです。決まった季節に雨が降るとゼェゼェする方には、その季節の花粉の抗体を調べるのも考慮されるかもしれません。

アレルギー外来開設決定!!

本日、公に決定いたしましたので、告知します。

熊本労災病院にて水曜 13:30〜15:30(受付時間)にアレルギー外来をスタートします。食物アレルギーやその他アレルギー関連疾患でお困りの方はご相談ください。至らない点も多いとは思いますが、徐々に改善して参りますので何卒宜しくお願いします。

注意事項としまして、中学生以下の患者様に関しては、発熱・腹痛などのアレルギー疾患以外の対応が当院ではできかねますので、別にかかりつけの小児科は持っておいてください。