防ダニシーツのパワー!

喘息と言っても、実は色々なタイプがあります。ダニやカビ、ネコなどにアレルギーがあり、それらを吸入すると喘息発作が起こるのが“アトピー性喘息”と言われ、逆にアレルギーがない喘息を“非アトピー性喘息”と言います。子供はほとんどがアトピー性喘息で、年齢が進むほど非アトピー性喘息の割合が増えてきます。高齢者においてはアトピー性喘息<非アトピー性喘息となります。

喘息の治療の基本はステロイド吸入の継続です。しかし、アレルギー物質が周囲に多いとステロイド吸入をきちんとしてもコントロールが難しくなることもなり、アレルギー物質を周りの環境から減らすことも大切な治療の1つです。アトピー性喘息でもっとも多いアレルギーの原因物質がダニです。アトピー性喘息のほとんどの方がダニへのアレルギーを持っています。ダニへの対策がまず第一歩です。

ダニのプロフィールをまとめます。クリックして拡大させて御覧ください。

ダニは湿気が大好きです。日本のような高温多湿ではダニがいるのは、もはや仕方ありません。逆にアイスランドのような乾燥した国ではダニはほとんどいません。

例:アイスランドにて197人(20-44 y.o.)の自宅ベッドからハウスダストを採取→ダニはほとんど認めない (Allrygy 2004;59:515-519)

家の中で最も湿気が多いのは・・・布団です。

布団や部屋の掃除の仕方も大事ですが、それでも症状のコントロールに影響する方は防ダニシーツが選択肢に挙がります。

今までの臨床試験では防ダニシーツの有効性はそれほど証明できておりませんでした。その理由の1つとして臨床試験の対象が小児と成人が混在していたからと言われています。今回、な、なんと子供のダニにアレルギーを持ったアトピー性喘息だけを対象とした防ダニシーツの臨床試験が報告されたので紹介します。このような環境整備の臨床試験は昔のものばかりで、また掲載された雑誌も呼吸器領域で世界トップでしたので、個人的に嬉しい気持ちになりました。高価な薬だけがいい医療ではないと思います。

平均7歳のダニにアレルギーのあるアトピー性喘息児284人がこの試験を行いました。おおよそ半分半分にわけて、防ダニシーツを使う群と普通のシーツ群で比較しています。

寝具のダニの量ですが、グラフから一目瞭然で減っています。吸入するダニの量は減らせそうですね。では、これが喘息の発作にいい影響を与えたのでしょうか。下記のグラフのように発作による入院割合は減っていますね。

吸入治療をしても、なかなかコントロールが難しい場合で、ダニの影響が大きいようでしたら、防ダニシーツは1つの選択肢になりそうですね。(AJRCCM 2017 article in press)

どの防ダニシーツがいいのかというのは申し訳ありませんが、情報を持ってないです。それほど私も現物を見たことがなく・・・アレルギー支援ネットワークでも販売していたので、ご覧になってみてください。掃除の仕方なども掲載されていますよ。

http://www.alle-net.com/info/info02/info02-06/

 

軟膏塗布のやり方を身振り手振りで!

ホームページ用の記事になります。

アトピー性皮膚炎の治療はステロイド軟膏と保湿剤の塗布が大きな薬物治療の柱です。しかし、塗る量が非常に大事で、ステロイドだからちょっと心配だなっと少しの量を塗布している方も多いのではないでしょうか。そんな少しの量では皮膚の炎症を鎮めることはなかなかできません。いつまでも治らず、重症ではないか?と思う前に塗り方を見直してみましょう!そうすることでアトピー性皮膚炎をしっかりコントロールし、食物アレルギーや他のアレルギー疾患への連鎖を食い止めましょう。

まずは塗布量ですが、人差し指の第一関節分が手の平一枚分の面積です。それを擦り込まずにやさしく塗り伸ばしてあげましょう。

まずはステロイド軟膏は穴をあけるところからです。みなさん5gの小さなチューブをもらいます。最初に使うときは、キャップのトゲを利用して穴を開けますが、しっかりと開けることが大事です。ここで中途半端な穴を開けると、出て来る量が少なくなります。

そして、それを人差し指の第一関節分に出してください。しっかりと出して下さい。

その量が片手の手の平一枚分の面積分です。多い!と思いますよね。塗布するとべっとりします。ただ、その量を塗っておかないと皮膚の炎症を鎮めることはできないんです。

これで赤々とした皮膚が数日で改善します。個人差はありますが、治ったからといってすぐにやめてしまうと、またぶりかえしてしまいます。徐々に段階的に主治医と相談しながら減らしていきましょう。上手くいけば保湿剤だけでコントロールできる子もいますし、週2回程度のステロイド軟膏の塗布でコントロールできる子もいます。その子に必要な量を探し、そして一定の間隔で再評価していくことが大事です。炎症の勢いがあるときは少ない量ですとなかなか赤々とした炎症がおさまりませんし、結局長期間に渡ってステロイド軟膏を塗布したり、炎症がある時期が長くなり、食物アレルギーなどへ進展してしまったりします。

前任の病院でアトピー性皮膚炎などを教えていただいた先生の報告です。

なかなか治らなかった顔の湿疹も適切な量を塗布するだけで、同じステロイド軟膏でも改善しています。

アトピー性皮膚炎では塗り方、気管支喘息では吸入薬の吸い方、食物アレルギーでは食べることができる量を毎日食べること、アレルギー性鼻炎は原因物質を回避すること、というコツが必要で、難しい医学的な知識が必ずしも必要ではなく、むしろ、多職種の協力体制が大事だと思います。

アトピー性皮膚炎の湿疹はかゆみという症状のつらさだけでなく、食物アレルギーになるリスクを抱えています。しっかりコントロールしていきましょう。

初めての動画・・・恥ずかしかったです(-_-;)

小麦アレルギー

乳児期に発症する食物アレルギーの第3位で、その多くはアトピー性皮膚炎を合併しています。また成人の新規発症アレルギーでは第1位です。多くの料理・加工品に使用されており、除去が必要になると大変な食材と思います。うどんやパスタのような麺類やパンはもちろん、天ぷら、唐揚げ、カレー・シチュー、クッキーなどなど多岐に渡ります。加工品では表示義務のある「特定原材料」なので確認することができます。

離乳食開始時から小麦アレルギーの予測は困難ですので、初めての摂取は1日1回1かけらからです。受診のできる午前中にしてください。そして、パンは小麦だけではなく卵や牛乳を含むものも多いですので、うどんや素麺からにしましょう。また、パンは麺類よりも小麦含有量が多く、食パン1枚とうどん1玉(200g)が小麦から見たら同等の量です。

負荷試験は注意で鶏卵や牛乳と比較して少量の負荷でアナフィラキシーに至り、呼吸器症状(咳、喘鳴)が多いです。小麦に対する抗体は陽性でも、食べても症状がない人も多いので、小麦抗体陽性の信頼は高くありません。しかし、小麦が含むタンパク質の1つであるω-5グリアジンへの抗体は信頼できる指標でクラス4以上ならアレルギー症状はほぼ必発で負荷試験は避けたほうがいいと教えてもらいました。

栄養面:除去による問題はなく、料理中の小麦は米粉やでんぷんで代替しましょう。例:揚げ物の衣はコーンフレーク、米粉パンのパン粉、砕いた春雨で代替。しかし、米粉パンには弾力性をだすために小麦グルテンが入っていることがあります!!!!!!表示の確認をお願いします。

加工食品:醤油は可、味噌・酢も大丈夫なことが多いです。他の麦や穀類で約20%ほどアレルギー症状が出現します。同じイネ科の米、とうもろこしと交差反応を生じるので、必要時は負荷試験で確認が必要です。大麦・ライ麦は交差反応を起こす可能性はありますが、表示義務の対象外です。大麦から煎じた麦茶はタンパク質が抽出されないので多くの方は飲むことができます。

小麦は生で食べることはないので、加熱による抗原性(アレルギーを起こす力)の変化に考慮することはありません。

下の図のように乳幼児期からの小麦アレルギーは治る可能性が十分にありますので、スキンケアをしっかりしながら、負荷試験で確認していきましょう。

小麦に対するアレルギーは他にもあります。パン屋さんの喘息、触るだけで蕁麻疹や皮膚炎が起こる、そして、小麦製品を食べて2時間以内に運動をするとアナフィラキシーを起こす食物依存性運動誘発アナフィラキシーがあります。

小麦とアレルギーの関係は深いのです。字ばかりになってしまいました(-_-;)

一般の方に向けた企画をしたいなぁと思っています。エピペン講習会やスキンケア、喘息の吸入の実技など・・・なかなか、新たな一歩を踏み出すのは難しいなと思います。

アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法のすゝめ

今年はスギ花粉の飛散数が多く、花粉症の方においてはつらいシーズンではなかったでしょうか。鼻炎症状が出現してから、内服や点鼻薬をしても、軽症でなければ症状を抑えることはできないことがあります。通常、鼻炎で処方される内服薬はアレルギー細胞が花粉を認識して、アレルギー物質を放出する過程には作用しません。

放出されたアレルギー物質が鼻の細胞に鼻水を出す信号を送るのをブロックします。ですから、花粉がたくさん飛び始めて、アレルギー細胞が次から次にアレルギー物質を放出し始めた時には、内服薬がアレルギー物質をブロックしきれず、症状が出てしまいます。その症状や内服薬が持つ眠気の症状がつらい方には舌下免疫療法が選択肢に挙がります。

上の画像のように、舌の下に花粉の成分を1日1回垂らします。「えっ、原因となっている花粉の成分を??」と思われるかもしれません。なぜ、原因物質を投与して花粉症の症状が和らぐのでしょうか。

花粉に認識して暴れているアレルギー細胞は花粉に対する抗体を産生しています。この抗体に花粉がくっつくことでアレルギー症状が起こります。

原因物質を少量、定期的に投与していると、アレルギー症状を抑える細胞が活性されるのです。この細胞を制御性T細胞と言います。(人の身体には活性化させる機能と抑制する機能が備わっています。血糖値にしろ、血圧にしろほどよい加減を保つために両極端の機能を上手に調整しているのです。)

この制御性T細胞がアレルギー細胞の働きを押さえ込むというのが舌下免疫療法の効果の機序の1つです。

ですから、アレルギー反応自体を押さえ込む治療なのです。

治療効果は内服薬や点鼻薬よりも良好な報告があります。

上記のグラフの説明です。

・皮下免疫:注射により免疫療法です。

・初期療法:花粉が飛散する前後の症状がまだ起こっていない時期からの治療です。早めの治療が効果が高いのです。

・飛散後治療:症状がひどいから、受診し、治療を開始する場合です。多くの方はこちらかもしれませんね。

棒グラフは症状のつらさです。まったくどうもないのを0mm、これ以上ないくらいのつらさを100mmとしたとき、どれくらい症状があるかを100mmの目盛りを実際に指で指してもらいます。すると、鼻汁も鼻閉も飛散後治療や初期療法に比較して舌下免疫療法で症状が明らかに改善しているのがわかります。数字でいうと、著効例:15%、有効例:40%、やや有効例:30%でした。10%の方で効果がなかったことも留意しなくてはなりません。

一番の問題点は症状がない時期に毎日治療を継続する難しさです。苦しい時は治療を忘れることはないと思いますが、元気な時に治療することはなかなか難しいです。

新たに開始する方はゴールデンウイーク明けからがお薦めです。花粉の飛散が落ち着いてからの治療開始となります。ただ、その前に検査が必要で、特に血液検査などで本当にスギ花粉症でいいのか?他の原因物質はないのかを確かめないといけません。スギ花粉が飛散する時期にはハンノキの花粉も飛散します。また、ダニや雑草のアレルギー性鼻炎がないほうが効果も実感しやすいです。

私のほうでも治療導入できますので、お問い合わせください。

予定の講演会について

異動直後に加え、アレルギー診療の新設準備にてんてこ舞いの日々です。2つの講演会の予定があります。一般参加できないので申し訳ありません。参加予定の方々、何卒宜しくお願いします。

4月15日 人吉市保育園連盟平成29年度総会

5月25日 人吉球磨学校給食会主催の勉強会

ご招待いただきまして、誠にありがとうございます。少しでもお役にたてるよう準備して参ります。

人吉球磨郡での勉強会は3回しておりますので、そろそろ2回目の参加の方も出てくるかもと恐れています。内容をパワーアップしないといけませんね。

またご興味を持った栄養や養護の先生方も何かみなさんで勉強会・資料作りなどできればと思いますので、お声をかけてください。ネット環境さえあればなんでもできると思っています。